若尾将大 下村コラム#5 選手紹介

2020/11/12 コラム

こんにちは!

GKの下村信行です!

引き続き選手紹介をさせていただきます!

今回は、若尾将大選手です。

プロフィール

腕を組んだ若尾将大選手
生年月日・1998年(平成10年)5月4日
身長/体重・170cm/65kg
ポジション・ゴールキーパー
背番号・99
あだ名・まーくん

チームでの役割
『チームの目指す姿を体現する選手』

チーム創設時に、ハジさんが人手不足だったゴールキーパーの人材として連れてきたまーくん。

まーくんがブラインドサッカーとしっかり関わり始めたのは、チームに所属時です。

しかし、ブラサカとの出会いは小学生まで遡ります。

 

現在も行われている日本ブラインドサッカー協会の体験会事業で、まーくんの小学校に訪問し、授業が行われていました。
その時に授業を行っていたのがハジさんで、10年後、共通の知り合いを通じてまーくんとハジさんが再会したことにより、ハジさんの誘いでチームに所属することになりました。

 

体験会事業は、競技の普及とともに、ブラサカを通じてコミュニケーションの大切さを知ってもらうために行ってる協会の事業です。
子供たちにとっては、その時は「楽しいことができる特別授業」のような印象で終わってしまうかもしれませんが、時間を経て、このようにブラサカと直接関わるきっかけとなっていることは、授業自体に大きな意味をもたらせていると思います。

 

小島監督は、協会で体験会事業を行っているので、まーくんの加入によって、自分の仕事がチームやブラサカに還元されていることを実感できたと話しています。

また、チームとしても自分たちの活動を通じて、ブラインドサッカーに興味を持ってもらい、仲間を増やしていきたいと思っているので、その姿を体現した選手とも言えます。

 

是非、まーくんも自分の活動を通じて、チームやブラサカに関わってくれる人を増やしてくれると嬉しいです!

まーくんはこんな人
『本当に最年少?チームのバランスをとる、超マイペース』

チーム最年少ながらも、常にマイペースなまーくん。
練習態度を見れば、「真面目にやる気あるのか?」と言いたくなる時もありますが(ちゃんと練習はしてますよ!)、それが逆にいいバランスを生み出しています。

パペレシアル品川は、「全員が出て、全員が自分の役割を果たす」ことをモットーとして試合をしています。
なので、チーム内でポジション争いをしたり、上手い選手だけが出られるようなチームではありません。
それぞれが、自分の目標に向かって取り組んだ上で、その力を集結させています。

それから考えれば、変に気を張った状態でやる必要はありませんし、自分のペースでやるべきなので、まーくんはまさにそれを表現しているなと思います。
僕は実力がまだまだと思っている分、焦ってしまいそうになることがよくありますが、まーくんと練習を共にできることで、肩の力を抜いてできます。
逆に、まーくんよりちょっと頑張ろうとも思えるので、自分にとってモチベーションを生んでくれる存在でもあります。

また、普段もかなり緩い感じで、特に仲の良いハジさんには容赦ない感じです。笑
他の選手には多少の遠慮はありますが、ハジさんにはほぼないです。笑
それほど仲の良い2人ですが、その関係性のおかげで、年齢関係なく全員がコミュニケーションを取れる空気を作ってくれていると思います。
チーム全体が仲がいいのもまーくんのおかげかもしれません!

試合ではここに注目!
『未だ無失点!反射神経の良さを生かしたセービング』

まーくんは、チーム加入して1年以上経過しますが、練習試合を含め、まだ試合で失点したことがありません。

元々やっていたフットサルでは守備を主に行っていたこともあり、シュートに対する反応の速さはピカイチ。

横っ飛びするシーンは少ないですが、手の長さも生かして、シュートに対して素早く手を出してセービングします。

また、フットサルの時の経験を生かし、低いシュートに対しては素早く足が出てくるので、無駄な動きが少ないながらも、しっかりとゴールマウスを守り切ることができています。

 

キーパーを本格的に始めたのは、ブラサカからですが、ポジショニングもしっかりしていますし、自分と同時に始めたとは思えません!

派手なプレーは少ないかもしれませんが、試合が終わってみれば点を取られていない!それは、しっかりとゴールキーパーとしての役割を果たせていることになります。

 

無失点記録をキープし続けるまーくんが、どこまでその記録を伸ばし続けるのか、是非注目してください!

最後に

チーム最年少のまーくんについてより知っていただけていれば嬉しいです!

次回は、與儀元気選手です!
お楽しみに!